Cloudera Enterprise 5.10がGAに

原文: Cloudera Enterprise 5.10 is Now Available

Clouderaは現在Cloudera Enterprise 5.10が一般的に利用可能(GA)であることを発表して誇りに思っています。

今回のリリースでは、新しいカラムナストレージエンジンであるApache KuduのGA、改善されたクラウドパフォーマンスとコスト最適化、Amazon S3クラウドネイティブでのデータガバナンスなどが含まれています。

いつものように、数多くの品質向上とバグ修正(多角的ハーデニング/ QAプロセスの詳細はこちら)やスタック全域に渡る改善も含まれます。以下は含まれるもの一部になります。(完全なリストはリリースノートを参照してください)。

Apache KuduのGA - 急速に変化するデータの高速分析を可能にするClouderaの新しいストレージエンジンを発表しました。 Kuduは、完全な分析データベースまたは運用データベースの一部として、時系列データ、マシンデータ分析、およびオンラインレポートのユースケースを可能にするために設計されています。

クラウドパフォーマンスの向上 - Clouderaのワークロードをパブリッククラウド基盤上で、以前よりも費用効果が高く効率的に実行します。 今回のリリースでは以下が含まれます。

  • Cloudera Directorを使用してクラウド環境に新しいクラスタをより迅速に導入
  • 一時的なバッチ処理ジョブの実行が、以前のリリースと比較して最大2倍高速に
  • Amazon EC2スポットブロックを活用してAWSインスタンスコストを削減

ハイブリッドクラウドのビッグデータガバナンス - Cloudera Navigatorは、Amazon S3上のデータのカタログ化、メタデータ管理、および包括的な統制を提供する、オンプレミスおよびクラウドに格納されたデータの唯一のビックデータ管理およびガバナンスソリューションです。 このリリースには、ポリシーベースのビジネスメタデータの割り当てと検証、主要なパフォーマンスの最適化、データスチュワードの生産性向上のための最新のルックアンドフィールが含まれています。

アクティブデータ最適化のための拡張された推奨事項 - Cloudera Navigator Optimizerは、拡張された推奨事項とリスクアラートを提供し、アーキテクトやDBAがHadoopでワークロードを理解、移行、管理することをさらに容易にします。

SQL開発者のための効率と設計支援の追加 - 改良された探索とテーブルサンプリング(Amazon S3を含む)、Parquetファイルの表示と操作、およびドキュメントの高速読み込みのサポートを強化したHueの最新バージョンでSQL開発者の生産性を向上させます。

継続的なセキュリティとコンプライアンスの改善 - 新たなクラウドアクセスキー管理制御、Sentry経由でのKafka承認、および新しいデータ暗号化技術を活用して、プラットフォームとアプリケーション全体のセキュリティとコンプライアンスを向上させます。

今回のリリースには次のものが含まれます。

  • Cloudera Enterprise 5.10 (comprising CDH 5.10, Cloudera Manager 5.10, and Cloudera Navigator 2.9)
  • Cloudera Director 2.3
  • Cloudera Navigator Optimizer Updates
  • Kafka 2.1
  • Kudu 1.2

今後数週間のうちに、これらの機能のいくつかを詳しくカバーするブログ記事を公開する予定です。それまでは以下を参照してください。

いつものように、私たちはあなたのフィードバックを大切にしています。 コミュニティフォーラムを通じてコメントや提案を提供してください。 issues.cloudera.orgでバグを報告することもできます。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.