Cloudera Enterprise 5.5 リリースのおしらせ

投稿日 2015/11/20

Cloudera Enterprise 5.5 (CDH5.5, Cloudera Manager 5.5 および Cloudera Navigator 2.4) がリリースされたことをおしらせします。
我々は常に製品の品質に重きを置いていますが、このCloudera Enterprise 5.5 ではそれが特に顕著であり、開発中に500以上の問題を修正しています。

ここではハイライトのいくつかをお伝えします。(詳細な内容はリリースノートを確認してください)​

Security

・Apache Sentry [incubating]を通してApache HiveとImpalaで列単位での認可が可能になりました (ビューの作成が不要になりました)

・Cloudera Managerで管理しているクラスタでは、設定ファイルに生のパスワードを出力しないようにすることが可能になりました

・Cloudera ManagerからHDFS暗号化、KMSおよびNavigator Key Trusteeを設定するためのウィザードが追加されました

・Cloudera Navigator暗号化で非推奨となったeCryptfsをdmcrypt+loopfileで置き変えました

・Apache Solr クライアントでLDAP/ADの認証がサポートされました

・Apache HBaseのレプリケーションが暗号化されるようになりました

Performance, Scale, and Operations

・HDFSにdata-blockの”flow control”やDataNodeの設定最適化補助などの多くの機能が追加されています。

・Navigator暗号化でsecondary Key Trustee Serverへの自動フェイルオーバーが可能になりました

・Cloudera Manager の新しい集約UIとしてCloudera Manager間の単一、読み取り専用のダッシュボードを提供します

・Cloudera Manager から HueのHAを設定できるようになりました

・Cloudera ManagerのBackup and Disaster Recovery (BDR) で数百万単位のファイル、パーティションおよびペタバイトサイズのデータを処理する際のパフォーマンスが大幅に向上しました

・Parcelの管理が改善され、upgrade失敗時のリトライ、Parcelによるパッチ適用時にサービスを指定して再起動する、といった機能が追加されています

・Kafkaでローリングリスタートが可能になりました

Data Management and Governance

・Cloudera Navigatorの対応範囲拡大:

Apache Hiveの拡張リネージ属性

Hive-on-Sparkのリネージ

Hueの監査

Cloudera Managerの監査の拡張

Platform enhancements

・新しい Cloudera Navigator SDKはエコシステム全体のリネージおよびメタデータに対応しています

・改善されたセルフサービスデータディスカバリダッシュボードはメタデータ、スキーマの可視化や各要素へのドリルダウンを提供します

・Navigator がApache Kafkaに監査イベントを発行できるようになりました

Data stewardship capabilities

・保持およびアーカイブのための自動化ポリシーのワークフロー

SQL Support & Usability

・ImpalaでApache Parquet上のnested typeへのクエリに対応しました。(Apache Avroなどの他のフォーマットについても対応予定です)

・Impalaの堅牢性とメモリ効率が改善されています

・Spark SQL と DataFrames APIがサポートされるようになりました

・Spark MLlibの大半がサポートされるようになりました

New or Updated Open Source Components

・Apache Spark 1.5(上述の通りincluding Spark SQL, DataFrames API, および MLibを含む)

・Apache Flume 1.6

・Apache Sqoop 1.4.6

・Apache Sentry 1.5.1

・Hue 3.9

・Impala 2.3

New or Updated Platform Support

・RHEL 7 (7.1のみのサポートであることに注意)

・MariaDB

・Apache Spark および Apache HiveでのApazon S3ストレージ

今後数週間にわたって、我々は詳細にこれらの機能の一部をカバーするブログ記事を公開します。
また、下記の情報も活用してください。

Download Cloudera Enterprise from: http://www.cloudera.com/content/support/en/downloads.html

ドキュメントを閲覧(英語):

CDH 5 Release Notes

Cloudera Manager Release Notes

Cloudera Navigator Release Notes

Cloudera Documentation

いつものように、みなさまからのフィードバックをお待ちしています。ご意見やご提案は、 cdh-user@cloudera.org (英語) cdh-user-jp@cloudera.org (日本語) あるいはコミュニティフォーラムへご投稿ください。また、バグは公開 JIRA プロジェクト issues.cloudera.org に投稿することができます。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.